ADHD改善のために「音読」を習慣にすると決めた

f:id:sayashi:20180425224312p:plain

ADHD(注意欠陥多動性障害・注意欠如多動症)、社会不安障害の池田ラスカル(@rasukarurun)です。

注意欠陥を治すために3年近く前から薬を飲んでいますが、「薬だけでは限界がある」と思い知らされました。

救いを求めて、脳のはたらきに関する本を読むようになりました。そして、「生活習慣」や「トレーニング」で脳を活性化させたり、記憶力を高める方法があると知りました。

その中でも、最近取り組んでいる「音読」について書いていきます。

音読をすると記憶力が良くなる?

音読というと「小学生の勉強方法」のイメージですが、大人の記憶力改善にもかなり効果があるようです。

音読をすることにより、大脳のさまざまな分野がいっぺんに活動することがわかっています。

これは「見る、聞く、話す」という3つの動作を同時に行うためで、認知速度、つまり“頭の回転”や物事の判断や予測の力を養うトレーニングになります。

また、脳がより働きやすくなり、音読直後の記憶の容量が20~30%増えることもわかっています。

大人の場合、週3回以上、一度に800字程度の文章を音読すると能力の向上につながります。

引用:脳の権威が実証! 子供の頭をよくする音読&褒めワザ | プレジデントオンライン

「物忘れ」「テンパり」はワーキングメモリの不足が原因

ADHDの脳は、一時的に記憶を保存する「ワーキングメモリ」という機能が低下います。そのため「すぐに忘れてしまう」「複数のことを同時にできない」「頭が真っ白になる」というトラブルがおこります。

ワーキングメモリと脳のはたらきについて、最近読んだ「絶対にミスしない人の脳の習慣」に分かりやすく書いてあります。

テンパるというのは、実は、ワーキングメモリが不足している状態です。パソコンでいうところの、メモリ不足で動作が不安定になってしまった状態、と言うとわかりやすいでしょう。

脳の中に「3つのトレイ」が存在する、と想像してみてください。トレイは3つしかありませんから、同時に5件の書類を処理することは不可能です。そうなると「処理不能」の状態になってしまいます。

そして、脳がオーバーフローを起こして、「ド忘れ」や「頭が真っ白になる」といったことが起こります。

引用:樺沢紫苑/著「絶対にミスしない人の脳の習慣」2017年 SBクリエイティブ/刊 

脳は鍛えることができる

絶対にミスしない人の脳の習慣」によると、 「自分は不注意が多い」と昔から悩んでいる人は、ワーキングメモリの容量が少ない可能性があるそうです。

(やっぱり生まれつき脳のはたらきが違うんだなぁ…)と絶望しかけました。

しかし、誰でも、何歳からでもワーキングメモリは鍛えることができると書かれています。

私が「音読」を習慣にしようと決めた理由

私が音読に興味を持ったきっかけは、「脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)」という本。10年以上前に出版され、ベストセラーとなり、今でもたくさんの人に読まれています。

脳を活性化するための、具体的な方法(生活習慣)がたくさん書かれています。

しかしこれをすべて実践するのは、私にとって生活の全てを変えるくらい大変です。自分がいかに「脳に悪い生活習慣」を送ってきたか、気付かされました。

人と話さない、運動しない、食事も適当…。こんな私が、いきなり生活習慣を全て変えるのは困難。

そのため、一番取り組みやすい「音読」から始めることにしました。

音読の効果

脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)」では、音読の効果について以下のように書かれています。

  • 目や口を動かすことで、脳の血流が良くなる。(脳のウォーミングアップになる)
  • 音読は脳への入力(文字を読む)→情報処理(文字を言葉として理解する)→出力(声に出す)という要素を連続しておこなう。これにより脳がスムーズに動く。
  • 朝の時間に音読をすることで、目や耳でとらえた情報をパッと理解したり、文章化することに良い影響がある。
  • 会話の少ない環境にいる人は、音読を習慣にすると良い。

参照文献:築山 節/著脳が冴える15の習慣 記憶・集中・思考力を高める (生活人新書)」2006年 NHK出版/刊

私は、人と会話しない環境で過ごしています。声を出し方が分からなくなるくらい、話さない生活です。

かなり前の記事(【ADHDと会話】人と話さないとワーキングメモリーが低下する!衝撃の事実にショック。)で書きましたが「人と会話をしなければ、ワーキングメモリが低下する」という恐ろしい事実があります。

とはいえ、話す相手がいない私。音読を習慣にしようと決めました。

音読をやってみた感想「意外と疲れる」

朝の音読をはじめて3日くらい経ちました。私は新しいことを決心するたびに、すぐに挫折してきました。習慣にするまでが大変です。

朝起きて、ベットの中で起き上がれずにゴロゴロしています。この時にスマートフォンでニュース記事を開いて、ニュースを音読します。

寝起きなので、頭も口もうまく動きません。400文字程度の記事を読むだけで、けっこう疲れます。

面倒くさい気持ちを抑えながら10分ほど音読をすると、頭がすっきりして目が覚めます。

今のところ、音読が二度寝防止効果になってます。あとは、出勤してすぐにボーっとすることがなくなりました。

今まで生きてきて、「会話でうまく言葉が出てこなくて沈黙してしまう」「すぐにテンパって頭が真っ白になる」という悩みが、大きなストレスになっています。

何とかして自分を変えたい。音読が特効薬になるといいなと思います。