郵便受けに“お断りステッカー”を貼るとチラシが激変!快適になった

f:id:sayashi:20180521200800j:plain

ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)、社会不安障害の池田ラスカル(@rasukarurun)です。

ADHDなどの発達障害の人は「暮らしの困りごと」がたくさんあります。

片付け・整理整頓が苦手な私にとって、ポストに届く郵便物の処分は手間でした。

  • 郵便受けがいっぱいになるくらいまでためてしまう
  • 郵便物を捨てていいか分からない
  • 広告やダイレクトメールに埋もれて大事なハガキに気付かなかったり、忘れてしまう

同じような経験をする人も多いのではないでしょうか?

最近ではADHD向けのライフハックの本に、届いた郵便物・書類の仕分け方法がたくさん書いてあります。だけど、そもそも無駄な郵便物が届く量が減ったら楽になるはず!

そこで、あるステッカーを郵便受けに貼り付けたところ、すごい効果がありました。

チラシお断りステッカー!

無駄な郵便物が届くのを減らすべく、私が購入したのが『チラシ・勧誘印刷物の無断投函は一切お断り! 高耐候性ステッカー 』です。

「マスキングテープに“チラシ不要”の文字を書いて貼り付ける」という方法を考えたのですが、見栄えが気になって辞めました。

そこで縦3cmX横15cmサイズ、420円のステッカーを注文しました。Amazonで購入し、翌々日には届きました。

f:id:sayashi:20180521200842j:plain

この『チラシお断りステッカー 』をさっそく郵便受けのポストに貼り付けます。剥がすときに跡が残らず、何度も貼り直しができるタイプです。

集合住宅に住んでいるのですが、他の住民の郵便受けには、全くステッカーが貼られてません。表札すら今はないですね。

ステッカーを貼ってから、チラシ・ダイレクトメールが激変した!

ステッカーを貼るまでは、毎日必ず何らかのチラシが届き、1週間に10枚は届いていました。

しかし、ステッカーを貼ってからは全くチラシやダイレクトメールが届かなくなりました!

f:id:sayashi:20180521201948p:plain

毎日チラシ・DMが入ってた郵便受けがすっきり!

他の住民の郵便受けを見ると、大きなチラシがはみ出ていました。ステッカーを貼った私の郵便受けは避けて投函されていたのでしょう。

「チラシ投函不要ステッカー」を1週間貼った効果。想像以上に快適!

今まで届いてたチラシは、宅配寿司・宅配ピザ・絶対に買えない高級マンション・ネイルサロンなど・・・。

正直、どれも要らないものばかりでした。

Webに広告があふれかえってる時代、欲しい情報はすぐに得ることが出来るからです。

チラシがなくなるだけでも、生活のささいな手間が省けて、想像以上に快適です。「物を捨てる」「捨てない」という選択はエネルギーを使うからです。

必要な郵便物はきちんと届くので安心

「大事な郵便物まで届かなくなったらどうしよう」と危惧していたのですが、きちんと届いています。

再配達依頼の紙、病院からの健康診断のお知らせ、メール便の荷物など、今まで通り投函されてます。

チラシが無くなると、無駄な仕分けの手間も省けて、大事な郵便物を放置するミスもなくなります。

「チラシ・勧誘お断りステッカー」は、意外と知られていない?

この420円のステッカーは、個人的に「今年の上半期1位の良い買い物」でした。しかし、意外と使ってる人が少ない。

集合住宅でも、郵便受けにステッカーを貼っているのは私だけです。

発達障害向けの最強のライフハック本である『ちょっとしたことでうまくいく 発達障害の人が上手に暮らすための本』にも、載っていませんでした。

私が知ったきっかけは、TwitterでADHDのフォロワーが「マスキングテープに“チラシ不要”の文字を書いてポストに貼ると便利だよ」と教えてくれたからです。

私は字が下手なので、安いステッカーが売ってないかな?と探したところ、Amazonで沢山販売されていました。

訪問でのセールスや勧誘を断るステッカーもありました。これはドアに貼ると良さそうですね。

私が購入したのはこちらです。

毎日生活をしていると、面倒なことや、ささいな困りごとがたくさんあります。特に発達障害の人は「生活するのが下手」な人が多いです。

だけどちょっとしたことで、生活が少し楽になることがあります。Twitterには便利なライフハック(暮らしの工夫)がたくさん転がっていると改めて思いました。

これからも色んなことを取り入れて、「少しでも楽に」暮らせるように工夫したいです。