ADHDのラスカルの手帳

四国在/20代でADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)と診断/コンサータ・ストラテラ/うつ/社会不安/アルバイター/ クラウドワーカー/生きるための記録/

私のコンサータ・ストラテラでの失敗。大切な薬の管理方法の話。


f:id:sayashi:20170616020722j:image

 ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)・不安障害の池田ラスカルです。今日は、私が内服しているADHD治療薬のコンサータ、ストラテラカプセルでの失敗と、薬の管理について書きます。強い反省の念を込めながら…。

 

<目次>

薬を“飲んだか飲んでないか”を忘れてしまった

私はADHDの治療のために、下記の薬を内服しています。

朝食後:コンサータ錠27mg、ストラテラカプセル40mg

夕食後:ストラテラカプセル40mg

 

 その他の薬として、夕食後に抗うつ薬(セルトラリン錠)、眠前に睡眠導入剤、不安時の頓服として抗不安薬を内服しています。どの薬も大切ですが、特にADHD治療薬であるコンサータ錠・ストラテラカプセルは、私の生活になくてはならない薬です。

 ADHDの人は“自己管理”や“ルーチンワーク”が苦手な人が多いですが、私もその一人です。お薬カレンダーやピルケースを購入してみたものの、つい面倒で気が付けば薬を雑に扱っています。気が付けば記事上の画像のように、机に薬のシートが散らばっているような有様です。

 先日の朝、私はある失敗をしてしまいました。それは「朝の薬を飲んだかどうか忘れてしまった」ということです。朝が弱い私は、仕事の日はいつも慌ただしく準備をしています。出勤のため家を出ようとした時に、いつものように薬のシートを手に取りました。

(あ、薬飲まなきゃ…そういえば、さっきパンを食べた後に飲んだっけ?どっちだっけ…飲んだような、飲んでないような…。)

 朝起きてから、わずか30分しか経っていません。短期記憶が弱く、不注意症状のある私。短い間の記憶ですら曖昧になってしまいます。その症状の改善のために薬が必要なのに、うまく飲むことすら出来ないなんて…。

 

副作用が怖くて、薬を飲まずに出勤

 私は悩んだ末、結局薬を飲んだのか飲んでないのか思い出せないまま、家を出て職場に向かいました。念のため、飲んでおくことはできませんでした。もし間違えて薬を2回飲んでしまえば、通常の2倍の量が一気に体に入ることになるからです。

 私が毎朝飲んでいる薬(コンサータ錠、ストラテラカプセル)の中でも、コンサータ錠は中枢神経刺激薬で、管理委員会に登録している医師しか処方できないほど、管理が大事な薬です。

 私は薬の影響を受けやすい体質らしく、普段のようにコンサータ錠27mg副作用を感じます。薬が作用している日中は、食欲が落ちたり、口の中が渇いたり、動悸がすることがあります。ただでさえ軽度の副作用があるのに、もし誤って2回薬を飲み、2倍の量を体に入れてしまえば、大変なことになると思いました。

 過去にコンサータ錠36mgを内服していたのですが、その時は毎日激しい動悸や吐き気、手の震えなどに苦しみました。(その頃のブログ記事→【ADHD治療日記】 コンサータを飲む前の自分を思い出せない話。このまま飲み続けると死んでしまうのでは?と思い、27mgに減薬しました。もしコンサータ錠27mgを2錠飲んでしまえば、トータル54mgです。考えただけでも恐ろしいことでした。

 また、ストラテラカプセルも2倍の量を一気に飲んでしまうと、体が耐えられません。過去の処方では、ストラテラ40mgを2カプセルまとめて飲んでいたのですが、眩暈などの副作用があるため、朝と夕方に分けて飲むようになりました。

(間違えて2倍の量を飲んでしまうより、飲まない方がマシだ…)

そう思って、勇気を出して出勤しました。職場に向かう電車の中では、情けなさと不安で泣きそうになりました。

 

早々に離脱症状の予感。結局、薬を飲んでいなかった。

 薬を飲み過ぎてしまえば副作用が起こりますが、薬を飲まなければ離脱症状が現われます。(個人差があります)私の場合は、出勤して1時間くらいから“いつもと違う”と気付きました。

 いつもよりボーっとしてしまうし、人の話も頭から抜けてしまう。作業にもテキパキ取り組めない。いつも感じるような副作用はなく、口も乾かないし、いつもよりお腹も空いてる…。普段なら日中の食欲が落ちるので、昼食が食べられるように朝食を軽めにしているのですが、この日はとても空腹を感じました。

 そして徐々に離脱症状の予感が起こり始めました。昼前なのに眠たくなってきて、身体はだるくなり、思考も停止気味になってきます。過去にも薬を飲み忘れたことがあります。このまま薬を飲まなければ、酷い離脱症状で仕事もままならなくなるのは経験済みでした。不安な気持ちに耐えられなくなり、その日は午前で早退しました。

 

“飲み忘れた時のため”の予備の薬

 “薬を飲み忘れて家を出た時のため”に予備の薬をいつも鞄に入れています。

f:id:sayashi:20170616020639j:image

 完全に密封してしまうと湿気で薬が劣化するので、リュックのサイドポケットに入れています。“飲んでない”という記憶がはっきりしていれば、すぐに予備の薬を飲みます。過去には、出勤途中の駅で飲み忘れに気付いて、この予備薬に助けられました。

 しかし“飲んだかどうかすら覚えてない”時には、さすがに対処の使用がありません。この日は、早退して家に帰るの電車の中で飲みました。(やっぱり、朝に飲んでいたらどうしよう?)と思って不安になりましたが、結局激しい副作用に襲われることもなく、無事に一日を終えました。

 

 もう失敗は繰り返さない!コンサータとストラテラの管理方法

 薬が無ければ、仕事も出来ない、生活もできない。そんな現実を改めて思いました。そして“自分の敵”はいつも“自分の頭の中”にいるということ。いつも“うっかりミス”“物忘れ”に苦しめられてきました。もうこんな失敗は繰り返さない!と反省しました。

コンサータは湿気に弱いので注意

 私は、過去に薬局で“処方薬の一包化”をお願いしたことがあります。薬剤師さんが、薬局の機械を使って、薬を1回分ずつ袋に小分けしてくれるサービスです。袋には日付も印字されるので、いつ飲む薬かも分かります。認知症や物忘れのある高齢者患者の処方ではよく使われます。過去にも飲み間違いをしてしまった時に、薬剤師さんに相談したことがあります。

私「薬を一包化してもらえませんか?」

薬剤師「コンサータ錠は湿気に弱いので、シートから出して一包化することはできないんです。」

私「では、シートに入れたまま小分けにして袋に入れることは…」

薬剤師「シートから取り出さないと、小分けにする機械が使えないので…コンサータ以外の薬だけでも一包化しましょうか?」

私「(逆に分かりにくくなりそうなので)遠慮しておきます。」

 

  コンサータは湿気に弱いので小分けにして密封できない!この時に、初めて知りました。そういえば薬の注意書きに書いてたような…

お薬カレンダーを使った薬の管理

f:id:sayashi:20170616020715j:image

 薬局での一包化ができないので、自分で薬を1回分ずつ小分けにすることにしました。まずはシートに入れたまま薬を切り離します。これが面倒ですが我慢。薬

 

f:id:sayashi:20170616020653j:image

 バラバラにした薬を、お薬カレンダー(カレンダーポケット)に1回分ずつ入れていきます。1年前にAmazonで購入して、放置していたお薬カレンダーです。薬用のカレンダーは、ピルケースや配薬ケースと違って、密封されてないので、湿気に強いです。特にこの商品(カレンダーポケット クリアー W-418)は、ポケットが大きいので通気性が良さそう。

 朝に飲む薬と、夜に飲む薬を一緒に入れてしまうと飲み間違えが発生するので、朝の薬だけカレンダーポケットに入れていきます。ポケットに日付が書いてあるので、日付さえ間違えなければ二重に飲んでしまうことは無い!…はず…

夜に飲む薬は、薬ケースに入れて小分けにする

f:id:sayashi:20170616020705j:image

 夜に飲む薬、寝る前に飲む薬は、こんな感じで薬ケース (ピルケース)に小分けにしました。コンサータ以外の薬なので、数週間程度は、薬ケース (ピルケース)に入れて多少密封しても問題ありません。(薬剤師さんも了承済みです。)

 このケースを2つ購入して、2週間分の薬をまとめて小分けにしました。この小分け作業が面倒なのですが、しっかり管理をしないと痛い目を見るので、これからはしっかりやります。多分…。

 

規則正しい時間に、決められた飲み方で飲むことの大切さ

コンサータ、ストラテラには副作用があるという話をしましたが、同じ量を飲んでいても日によって副作用がやや強い日もあれば、それほど起こらない日もあります。自分なりに分析してみたのですが、副作用が強い日はけっこういい加減に薬を飲んでいることが多いです。

  • 食後すぐや、空腹状態で薬を飲む→胸やけ、吐き気が起こる
  • コーヒーで薬を飲んじゃう→薬の成分に影響する。特にカフェイン系はダメ
  • 休みの日に昼まで寝て、昼過ぎに朝の薬を飲む→覚醒作用で夜に寝れなくなる

コンサータ錠は、放散錠という形状です。薬の有効成分が、体内で緩やかに効くようにコーティングされているので、噛み砕いたり変な飲み方をすれば苦しむことになります。

「食後30分に」「コップ1杯の水と一緒に」飲む!

これが大事です。でも朝に弱い私は、仕事の日はいつもバタバタして時間もなく、ゆっくり朝食を摂る余裕がありません。米も炊けてないし、冷凍庫にパンもないし、ケーキもない。コンビニに寄る時間もない。

f:id:sayashi:20170616020632j:image

 困った時の朝食用に、ゼリー飲料を常備しています。Amazonで一番安かった富永食品のクイックエイドプラスエネルギー 180g×30本を箱買いました。1個で180カロリー(おにぎり1個分くらい)あります。日持ちもするし、すぐに胃に入れられます。副作用で食欲が落ちた時にも、これなら食べられるので、よくお弁当のおにぎりと一緒に持って行ってます。

おにぎり作る時間がない時とか、お金がなくてコンビニで昼食を買えないときにもこれに助けられます。

 

薬を飲む時間を、リマインダーで通知

f:id:sayashi:20170616020618j:image

 夕食後の「ストラテラ40mg」は、毎日適当な時間に飲んでしまいます。大体寝る前に思い出したように飲むことが多いです。19時に飲んだり、21時に飲んだり、0時過ぎてから飲んだり…。だけど内服時間がバラバラだと、体内の薬の血中濃度も不安定になります。なので、毎日同じ時間(20時)に飲むことにしました。

 私はGoogleカレンダーでスケジュール管理をしているので、リマインダー(通知機能)を使ってみました。パソコンとスマホで同期させて使っているので、両方に通知されてます。毎日20時に「ストラテラ・眠剤の内服]の通知を設定しました。

 大抵、20時は夕食を済ませて、自宅でパソコンの前にいるか、スマホを片手にゴロゴロしています。20時になるとPCの画面にポップアップが表示されて“ストラテラ内服時間”を知らせてくれます。同時にスマホの通知音が鳴り、スマホにもポップアップで表示されます。 Googleのリマインダー機能がこんなに便利だとは!科学の進歩に感謝です。

 

睡眠不足はADHDの一番の敵

 

 20時に眠剤飲むのはちょっと早いですが、分けて飲むのが面倒なので同時に設定しました。小学生のように21時~22時くらいに寝る生活を目指しています。

 ADHDの人は「朝は苦手なのに、夜はなかなか寝付けない」人が多かったり、睡眠リズムが乱れやすいことがあります。私もそうです。朝は起きたくない、昼間は寝たくない、だけど夜になると寝たくない…。だけど、早寝早起きでしっかり睡眠を摂ることは、ADHDやメンタルにとって一番大事だと痛感します。

 いくら薬を飲んでも、寝不足だと不注意でミスを連発します。睡眠不足は一番の敵!毎日しっかり寝て、毎日同じ時間に薬を飲んで…規則正しい生活がしたいです。そう思ってはいるものの、つい欲求や面倒くさい気持ちに流されてしまいます。生活することは、どうしてこんなに面倒で大変なのか…だけどそこから逃げられないので、工夫をしていきたいです。