ADHDのラスカルの手帳

四国在住/20代でADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)と診断/社会不安障害(対人恐怖症)/アルバイター

【ADHD治療日記】コンサータと出会わなければ良かった(と、少し思って泣いた)【ただの愚痴】

 

 

ADHD(注意欠陥多動性障害/注意欠如多動症)の池田ラスカル(@rasukarurun)す。治療記録として書くつもりでしたが、最後は書き殴りの愚痴になりました。

相変わらずコンサータ錠の副作用に振り回される日々の記録です。

<目次>

 

ストラテラが追加になった-とにかく不安

今日は診察でした。以前から思っていた「コンサータ36mg錠の減薬」を提案しました。「コンサータ36mgを飲むと、日中に動悸などの副作用がある。27mgに減量したい。」と話しました。

主治医は「ストラテラを増やしてみて、様子を見てから減量する」とのことでした。

処方変更前

朝:コンサータ36mg

夜:ストラテラ40mg

 

処方変更後

朝:コンサータ36mg、ストラテラ40mg

夜:ストラテラ40mg

 

 コンサータの内容量はそのままで、朝食後にストラテラカプセルが40mg追加になりました。ストラテラが増量になったので、日中の副作用・体への負担が更にきつくなると思います。しかし、ストラテラ増量の効果を確認してからでないと、コンサータを減薬できないそうです。

コンサータは体への反動がきつい

 もう1年くらいコンサータ錠を飲んでいるでしょうか。18mgから36mgに増量してからは、副作用に耐えながら飲み続けました。つらかったのが、日中の副作用と、効果が切れた時の反動です。

 コンサータ錠は内服してから30分~1時間後に効果が表れます。約10時間程度効果があります。コンサータ錠が効いている間は、以前より不注意がマシになった気がします。昼寝もしません。

 しかし、強い副作用があります。動悸、手の震え、口の渇き。そしてこの副作用よりキツイのが、コンサータの効果が切れた時の反動です。コンサータが効いている間は脳を無理やり起こしていて、その疲れが来ているのでしょう。

 効果が切れたあとは、驚くほどの眠気と脱力感、過食に襲われます。昏睡したようにぐったりと眠り続け、次の日に起きるのが大変です。起きれずに欠勤をしたこともあります。

 

コンサータの反動-異常な眠気と過眠

f:id:sayashi:20170616020722j:plain

午前中にコンサータを飲まなかったら1日眠り続けてしまいます。そのため、毎朝、目覚ましを何個もセットして無理やり起きます。

24時間のうち20時間くらい眠り込んだ

 アルバイトが休みの日に、目覚ましをかけずに寝たことがあります。「23時に寝たら、さすがに午前中のうちに起きれるだろう」と思ったら、14時くらいになってました。恐ろしいことに、15時間も眠り込んでいました。その時は空腹で目が覚めました。腹ごしらえをした私は、16時にはまた眠りにつき、22時まで熟睡。睡眠リズムが狂わないように0時に眠剤を飲んで寝ました。翌朝は9時に起きました。

 何と、24時間のうち20時間くらい眠り込んでしまったのです。

 コンサータ36mgを飲む前は、これほど寝た記憶はないです。以前の私は、休みの日に10時間くらい寝ちゃって「良く寝たなー」って思うくらいでした。

 コンサータが切れると、まるで脳が死んだようになるのです。効いている間は、昼寝もできないくらい覚醒しているのに…。頭を無理やり起こしている反動で、眠気が来るのでしょうか。

 

コンサータは魔法の薬じゃなかった

f:id:sayashi:20161020164812j:plain

ADHDと診断され、最初に治療を受けたクリニックでは、ストラテラ80mgのみを内服していました。ストラテラは80mgまで増量しましたが、更に増やすことはしませんでした。

口渇や立ちくらみなど、少しの副作用があったのと、不注意症状に対してストラテラが効いている感じがしなかったからです。コンサータ錠という薬の存在を知った時、この薬こそ私に合うのでは?と根拠もなく確信していました。「早くコンサータを試したい」その思いでいっぱいでした。

 

コンサータに救いを求めたわたし

 ストラテラのみで満足いく効果が得られなくて、コンサータに救いを求めました。今思えば、焦らずにストラテラを120mgまで増やしてみれば良かった。でも、それを試すよりも早くコンサータが飲みたかったのです。

 コンサータ錠という薬は、私の体と脳に大きな影響を与えました。薬が効いている間は、不注意や集中力は改善されました。しかし、それと引き換えに副作用と、効果が切れた時の反動や疲労に襲われました。薬の作用に振り回される、波のある日々を送っています。

 食欲がなく、大好きだった食事もおいしく食べられない。神経過敏になって、不安が強くなりイライラする。夜になって効果が切れると、空腹に襲われ暴飲暴食をしてしまう。穏やかさとは正反対の日々でしたが、それでもコンサータ錠のお陰で何とか不注意が抑えられていると信じていました。

 

コンサータをやめることはできない

今は毎朝コンサータ36mgを内服していますが、27mgに減らしたいと思っています。副作用に耐えられないからです。夜8時間寝て、朝自然と起きれて、お昼ご飯を食べられる生活に戻りたい。しかし、断薬してゼロに戻そうとは思いません。もしかしたら27mgに減らしても、また36mgに戻したいと思うかもしれません。

多かれ少なかれ離脱症状はあるでしょう。

 

コンサータを減らすのは怖い

コンサータを減らすのは、とても怖いです。離脱症状があらわれる可能性が高いからです。一時的に体調が悪化してアルバイトに行けなくなるかもしれない、ランサーズ のライティングのお仕事もできなくなるかもしれない。それでもこのまま36mgを飲み続けるのはもっと怖い。

今の私のADHD症状に、コンサータがどれだけ効果があるのか…それはコンサータを飲み始める前の私と比較する必要があります。しかし、コンサータを飲んでいなかった頃の自分が思い出せません・・・。

でも、今よりは不注意や衝動・多動に苦しんでいたと思います。だから「転院してまでコンサータを内服して良かったのだ」と、自分を納得させています。

たけど、「コンサータと出会わなければ良かった」という気持ちも、少しはあります。

 

 

薬を飲むだけで、ADHDは治らない。

ADHDは薬で簡単には治りません。コンサータ錠を試す前は、この薬が魔法のように効いて、やる気が出てきて、元気になって、不注意も多動も消えてくれるかもしれないと期待していました。

薬で症状は改善されましたが、完全に障害から逃れることはできませんでした。ようやく理解しました。ストラテラもコンサータも魔法の薬ではありませんでした。

どうすれば良いのかは分かってる。いや、わからない

 私はこれからどうすれば良いのだろう

気が付けばいつも薬のことを考えています。やるべきことは分かっています。薬を増やしたり減らしたりしながら、適正量を見つけたり、薬だけじゃなくてワーキングメモリを鍛える訓練をしたり、ライフハックを駆使して生活を改善したり、自分に合った仕事を…

でもそんなに簡単なことじゃない。この先自分が生きていく人生を思って、気が滅入るような、足元がふらつくような気持ちでいます。誰にも頼れないという孤独感で胸がいっぱいです。誰かに相談すれば良いというかもしれないでしょう。でも、どこで?誰に?何を?相談すればいい?

真っ暗なトンネルの中で一人

今は転院して主治医を変えたいと思っています。変えたい理由は今は書けません。もし特定されて、通院できなくなったら困るからです。だけど下書きの記事に記録しています。

転院先がまだ見つからないのは、コンサータが処方できる医者(コンサータ錠適正流通管理委員会に登録している精神かい)が見つからないからです。

コンサータ錠は日本で認可されてからの歴史も浅く、成人のADHDの検査・治療が出来る精神科医も少ないのが現状です。メンタルクリニックは溢れかえっているのに、成人のADHDの受け皿はあまりに少ない。発達障害の支援センターなどに行って、医療機関の情報収集をしたいと思います。

私が望む生活

私が望む生活を、いつも寝る前に思い浮かべます。仕事がしたい。毎日仕事をして、役に立って、お金が欲しい。ADHDや不安障害の症状にも、薬の副作用にも振り回されず、ご飯を美味しく食べて、安心して眠りに付ける生活がしたいです。

朝起きて、朝ごはんを食べて、仕事に行って、昼ごはんを食べて、夕方帰宅して、夜ごはんを食べたい。夜は8時間寝て、週に2日休んで家事をしたりささやかな趣味を楽しみながら生きていきたい。非正規雇用でもいいから、最低限の衣住食に困らない生活がしたい。そんな生活を夢見ています。

誰にも言えないこと気持ちをブログで吐き出している

 ブログを書くと、少し落ち着きます。散らかった頭の中が少し整理されて、自分を見つめ直すことが出来ます。これを書いて、読んでる人に何かして欲しいわけじゃないんです。読んでくれるだけで嬉しいです。

 何気なくフラワーカンパニーズの深夜高速 を聴いたら涙が止まらなくなりました。常に真っ暗なトンネルを手探りで歩いていくような毎日を生きています。

 2017年7月31日 追記

 この記事を書いてから、1年が経ったでしょうか。あれからコンサータ錠は36mgから27mgに減量し、ストラテラカプセルを朝・夕40mgずつ飲んでいます。副作用は大分落ち着きました。

 日雇いのアルバイトから直接雇用のアルバイトになりました。相変わらず悩みの尽きない日々ですが、少し平穏を取り戻しています。

 

関連する過去記事

 

こんな記事も書いてます