読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ADHDのラスカルの手帳

四国在/20代でADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)と診断/コンサータ・ストラテラ/うつ/社会不安/アルバイター/ クラウドワーカー/生きるための記録/

【ADHDライフハック】注意欠陥障害の私が、鍵だけは紛失しない理由。

ADHD(注意欠陥・多動性障害)のラスカルです。ADHDの不注意の代表的な症状といえば「物を紛失する」「物を忘れる」でしょう。いつも悩まされてます。

3大・無くしたら困るもの「鍵」「財布」「スマートフォン(携帯)」

この中でも鍵は特に紛失しやすいです。出かける前に鍵が見つからずに遅刻しそうになることもありました…。

ですが、私は半年前に鍵の管理方法を変えてから、鍵だけは絶対に無くさなくなりました。鍵だけは…。

物の紛失を防ぐ原則

①物の住所を決める

②小さいものは大きくする

この原則を基に、鍵は常に鞄に付けて置く!というマイルールを徹底しました。その為に購入したキーホルダーが、とても活躍してます。

 

クリップ付きのリールキーホルダー

f:id:sayashi:20160608192104j:plain

これはハイマウント(HIGHMOUNT)のリールキーホルダーです。

リードがかなり長いので、鞄に付けたまま片手で楽に鍵の施錠ができます。

f:id:sayashi:20160608192152j:plain

 

ずっと鞄につけっぱなし

いつも同じ鞄を持ち歩いているのですが、もし鞄を変えるときはリールキーホルダーも付け替えます。クリップ部分が取り外ししやすいですのでスムーズです。

 

これで、鞄を紛失しない限りは鍵を紛失しなくなった

男性で、鞄は持ち歩かない人もいますが、リールホルダーのクリップをベルトに装着しても便利です。リールキーホルダーの中でも、安い商品を選んだのですが、かなり雑に扱っても平気なくらい耐久性が良くて、シンプルなので気に入ってます。

 

 

自転車の鍵も一緒のリードホルダーで管理

f:id:sayashi:20160608192221j:plain

これはカチッとクリップ部分に取り付けて、自転車乗車中だけ外してます。着脱しやすいです。

自転車の鍵は常にリールホルダーのクリップに取り付けているか、自転車に差し込んである状態にしてます。

これで鍵を探すストレスから解放されて、かなり楽になりました。注意欠陥からは一生逃れられません。どんどん便利な物を使って、工夫をして、自分を助けていきたいです。

 

余談

Twitterで「鍵を無くさなくなりました!」と呟いたら、こんなリプが飛んできました。

 

その発想はなかった。確かに施錠しなければ鍵はなくさない…。

仮に空き巣に入られても、ADHDの散らかった部屋から貴重品も発掘できずに、空き巣もあきらめてしまう可能性かも…。

そういえば、私の部屋は留守中に誰かに荒らされても気付かないくらい散らかってます。「部屋を片付ける」というのも、物の紛失を防ぐために重要ですね。