ADHDのラスカルの手帳

20代でADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)と診断/社会不安障害(対人恐怖症)/コンサータ・ストラテラ/うつ/社会不安/アルバイター/ クラウドワーカー/生きるための記録

#日記 ADHDと仕事。名前をなくした日雇いアルバイターの1日。

5/20の日記。1日遅れで投稿。

 今日も、倉庫軽作業の日雇いアルバイトだった。いつも通り、ADHD(注意欠陥・多動性障害)の治療薬、コンサータ錠36mgを内服して家を出る。

陽が照っていて暑かった。いつの間にか春が終わって初夏が来る。

 

 日雇いアルバイターの現地集合場所に到着する。始業時間まで1時間以上ある。待ち時間が長いので、簿記の本を開く。

f:id:sayashi:20160521202530j:plain

 仕訳の練習問題を解きながら、勘定科目と仕訳のルールについて覚える。「有価証券…買掛金…」聞き慣れない言葉を調べながら覚える。まだ初心者向けのテキスト(はじめての人の簿記入門塾― )を使っている。

はじめての人の簿記入門塾―まずはこの本から! と書かれた表紙を、周りの人に見られるのが恥ずかしい。表紙カバーを裏返して使っている。自意識過剰な私。

就業先の倉庫の近く、たんぽぽのような花が咲いていた。名前は知らない。たんぽぽって、こんなに長く伸びるっけ。

f:id:sayashi:20160521202454j:plain

 こんな天気の良い日に、マイナス0℃以下の倉庫で作業する。寒暖差がおかしくなりそうになる。

 午前中は、冷凍食品をピッキングして棚に仕分けする業務をした。3回目で、慣れた仕事だった。

同じ現場に配置された日雇いアルバイターの人がいた。50代くらいの男性。就業が初めてで、何をしていいか分からず戸惑っていた。

人に仕事を教えるのが苦手だ。うまく声もかけられない。気になりながらも、ほとんど彼を放置して作業をしてしまった。こんな自分が嫌になる。

 午後は単純作業でミスをした。自動でシールが貼られる機械に製品を投入していく作業をした。

製品を入れる向きを途中から間違えていて、シールも逆に貼られてしまった。大量の不良品。恐る恐る社員に報告する。怒られなかった。

帽子を深く被ってマスクをした社員。表情が分からなくて怖い。内心どう思われてるんだろう。素手でシールを貼りなおした。

製品の向き、形の違いが覚えられない。なぜこんなに短期記憶が弱いんだろう。

初めて日雇いに来た50代の男性は、午後になると私より何倍も業務に馴染み、現場の役に立っていた。

たまに、作業の指示で社員さんから声をかけられる。とっさに声をかけられて、何を返していいか分からず沈黙する。

返事をしようとしても、声がうまく出ない。仕事上、必要なことを話しかけても、声が小さくて聞き取ってもらえない。目もうまく合わせられない。

普段、人との会話を避けて、休みの日は誰とも話さない生活を送っている。声すら発しない。どんどん会話が苦手になっていく。社会の中で孤立していく自分。

日雇いの就業先では、「○○さん」と名前を呼ばれることがない。名前とは「苗字」のことである。苗字すら呼ばれない。

名前を呼ばれずに「あの、」と声をかけられたり、「派遣さん」「派遣の人」「バイトさん」「お姉さん」と呼ばれる。

何度も同じ倉庫に行って、同じ社員さんや日雇いアルバイターと顔を合わせることがある。顔は多少覚えられても、私の名前はピンとも来ないだろう。

私が「○○さん」と呼ばれるのは診察の時くらいだ。

この間読んだ本(今日から日雇い労働者になった )を思い出した。日雇いアルバイターは他人との交流が減り、社会的に孤立するという事が書かれていた。まさにその通りだ。

他人と関わることが煩わしくて、自分から孤立することを選んでいる。それなのに寂しさを抑えきれない。

会話は脳を活性化させる。会話をしないとワーキングメモリーがどんどん低下していく。ADHDの症状も悪化する。怖くなる。

ワーキングメモリーを鍛えるために、そして声をちゃんと出すために、音読をしようと思った。音読は脳を活性化させる。簿記の勉強をしながら、テキストの音読をしようと思った。

 帰りに駅で、声をかけられる。

f:id:sayashi:20160521203004j:plain

1人目はキャバクラ(風俗?)のスカウトの男性。

2人目は「無料の本です」と、綺麗な装丁の本を渡してきた女性。情報誌かと思って受け取る。エボバの証人が発行している冊子だった。

 うだつの上がらない日々。今日は特にいいことがなかった。時給860円で5時間30分働いた。日給を計算しようとしたけど、哀しくなるのでやめた。

5時間30分しか働いてないなんて信じられない。感覚的には、12時間働いたくらい疲れている。

真っ黒になった軍手を、駅のゴミ箱に捨てた。

 

f:id:sayashi:20160521202906j:plain

 

www.rasukaruadhd.com

 

 

今日から日雇い労働者になった
by カエレバ