ADHDのラスカルの手帳

20代でADHD(注意欠如多動症/注意欠陥多動性障害)と診断/社会不安障害(対人恐怖症)/アルバイター

【日記】奇跡の有給と、クラウドソーシングという命綱

昨日は日雇いのアルバイトだった。いつもと違う野外イベント系のアルバイト。

時給はやや高いけど、業務内容が分からないので不安だ。簡単な警備やチラシ配りなどを任されることもあれば、重い機材を運搬したり、グッズ販売など苦手な仕事を任されることもある。

休み明けなのに朝から体調は最悪だった。

 

昨日のブログ (5連勤明けの休日の話。) でもあるように、頭の体も疲れ切ってぐったりしていた。何で少し働いただけでこんなに疲れてキャパオーバーになるんだろう。

(それでも、生活のためにお金が必要…)

今月も口座からちゃんとお金が落ちるか心配になる。重い足取りで集合場所へ向かった。肌寒くて、小雨が降っていた。

 

f:id:sayashi:20160517105548j:plain

 

現地の集合場所に向かう。スタッフは20人程度。さっそく「テープの貼ったところに椅子を並べて」と指示され、動き出す。そのとき、いきなり「作業を止めて集合!」の声がかかり、全員集められる。イベント会社の担当者が暗い顔をしている。嫌な予感がする。

「今日のイベントは中止になりました。皆さんの仕事もなくなりました。」

…そうか…雨天中止なんだ…。めちゃめちゃ嬉しかった。

しかし同時に(でもお金もらえないよなぁ、交通費くらい出るかな…)と心配になる。

「日給は全額お支払いします。お疲れ様でした。」

え?貰えるの?とびっくりした。雨天中止になったら仕事自体がキャンセルと聞いていたので驚く。始業時間に入ってから中止が決定したので、お金は予定通り支払われるらしい。

パイプ椅子を1つ運んだだけで、7時間の日給がもらえる。幸せを噛みしめながら帰宅する。

子供のころに、警報で学校が休みになった日のことを思い出した。あの頃に似た幸せ。フリーターに有給なんて存在しないが、これは労働の神様からの有給だと思った。

 

 

帰宅する。何をやろうか考える。部屋はゴミが散乱しているし、洗濯も溜まっている。ポストには郵便物が溜まっていた。ガス料金徴収の葉書が届いていた。金額にうんざりする。

ふと思い立って、クレジットカードの支払い予定額をwebで確認する。5月分の利用額にため息が出る。

いや…こんなに使ったはずは…でも明細を見るとちゃんと心当たりがある。分割払いの支払いもある。

支払いは全て口座からの引き落としだ。いくら引き落とされるのか…考えたくないけど計算する。家賃、ガス代、電気代、国保、クレジットカードの料金を電卓でたたく。10万を超える。

ギリ足らないと思った。

それほど収入が少ない。お金の管理も雑だ。今財布にあるお金を口座に入れると、バイトに行く交通費がなくなってしまう。

 

 

そして私はクラウドワークス のサイトを開いた。先月から、クラウドワークス でタスク形式の仕事をしている。いわゆるクラウドソーシング。

テーマに沿った記事や、商品の感想や、バイトの体験談などの文章を書いて納品する。

f:id:sayashi:20160517104844p:plain

 

ライターとしての経験はない。基礎的な文章を書く技術もない。段落とか構成とか組み立てるのが苦手だ。思ったことを文章にしていく。

安い報酬のタスク形式の仕事を受けて、ゴミみたいな文章を納品することしかできない。

祖母が昔やっていた、袋貼の内職を思い出した。あの内職は1時間で何円くらい稼いだんだろう。きっと500円にもならなかったはずだ。それでも家計の足しになっていた。

5月のクラウドワークス の報酬合計は4000円を超えた。月末までに1万円稼ぎたい。

 

f:id:sayashi:20160517105042p:plain

クラウドソーシングは命綱だ。月1万でも稼げたら、わたしの生活を助けてくれる。社会に適応できない私。自宅で稼げるスキルとノウハウがあれば、生きていける道が見つかるかもしれない。

ホームページ制作から記事作成まで!色々な仕事が受注できるクラウドソーシングの【クラウドワークス】

 

関連記事

在宅ワーク初心者が‘クラウドワークス’で1000円稼ぐまでの所要時間とタスク内容 - ADHDのラスカルのブログ